指標解説 (ストキャスティックス)

指標解説 (ストキャスティックス) [ 戻る ]
RSIと同様、売られ過ぎ買われ過ぎを示すと言われている代表的なテクニカル指標。ジョージ・レーン博士により開発された。この指標は株価が下落するときは一日の安値近辺で取引が終了するという習性があり、上昇するときは高値近辺で取引が終了するという傾向があるという前提のもと開発。ストキャステックは%K、%Dという二つの数値から成り、%Kはより早く株価の動きに反応する一方、重要性は%Dが高いとされる。一般的な見方は%K、%Dがそれぞれ20%から25%にあるときは売られ過ぎ、75%から80%にあるときは買われ過ぎとされる。また、%Kが%Dを下から上抜いた地点を買いサイン、逆に下抜いた地点を売りサインとして利用されることもある。

%K=(KC/KP)*100
%D=(KCの3日移動平均/KPの3日移動平均)*100
 KC=(終値−過去n日間の最安値)
 KP=(過去n日間の最高値−過去n日間の最安値)
slow%D=%Dの3日移動平均

Copyright(c)2000-2001 Dreamvisor.com All right Reserved.