指標解説 (ボラティリティ・システム)

指標解説 (ボラティリティ・システム) [ 戻る ]
ボリンジャーバンドやエンベロープと同様に、ボラティリティ(変動率)の中心値から上下にバンドを作成して判断するテクニカル指標。基本的には、上方バンドに株価が近づいた時に「売り」、下方バンドに近づいた時を「買い」と、逆張りに利用される。また、順張り用とされる場合もある。

Vo-H = lo + (ATR * W)
Vo-L = hi - (ATR * W)
 hi = N日間の終値の最高値
 lo = N日間の終値の最安値
 ATR = N日間のTRの平均値
  TRは以下のなかの最大値
   a.本日の高値と安値の差
   b.本日の高値と昨日の終値の差
   c.本日の安値と昨日の終値の差
 W:変数(2.0〜2.9がよく用いられる)

Copyright(c)2000-2001 Dreamvisor.com All right Reserved.