テクニカル指標の活用と応用
[ 戻る ]
テクニカル指標の活用と応用
◎パラボリック

◇ポジションを"ドテン(売り買い転換する)"するトレンドフォローシステム
 パラボリックは比較的単純なテクニカル指標の一つです。考案したのは、米国のアナリスト、J.Wワイルダーですが、いまではプロのトレーダーの世界でもかなり一般的になっているテクニックの一つです。「パラボリック」とは放物線を指す言葉ですが、チャートをみれば分かる通り、相場が上昇しているときには点線が下から追いかけるように上昇していき、相場が下落しているときには点線が上から追いかけるように下落していきます。そして、このグラフを描く"点"のことを、SAR(ストップ・アンド・リバース)と呼びます。
 考え方としては、相場のトレンドが上昇(下落)しているときには、日足がSAR値を下回らない(上回らない)ことを前提にします。ということは、下回った(上回った)ときには、これまで維持していた"買いポジション"を翌日の寄り付きでドテンして、新たにショートポジション(売り)を建てるということになるのです。SAR値と日足が交われば、トレンドが転換すると読むのです。
 以下に計算方法を紹介しますが、特段その意味を理解しなければならないかと言えばそうでもありません。パラボリックというのが、一定のトレンドをフォローするシステムであり、それがドテンのシグナルを出せば、単純に従うという程度のことを理解しておけばよいでしょう。



◇パラボリックの計算方法
 計算の仕方は以下の通りです。まず、現在の相場が上昇しているとしましょう。そのとき最初のSARは、過去の一定期間の安値を採って、翌日以降については計算式を利用するだけです。上昇しているのか下落しているのかにかかる最初の判断は、別に間違っていても差し支えありません。計算が進めば"ドテン"してすぐさま修正されることになるからです。そして、AFとして利用する数値は、株式市場では0.02を利用するのが一般的です(最大値は0.2)。
 ただ、先述したように、このテクニカル指標は使い方さえ分かっていれば、計算方法までも完璧に頭に入れておかねばならないというものではありません。個別銘柄のトレードに応用するときにも過去の動きをチェックしてみる必要があります。つまり、パラボリックのルールに忠実に従った場合に、一定の期間でどの程度の利益が出たのかをシミュレーションするぐらいは必要でしょう。

SAR=前日のSAR+AF×(EP−前日のSAR)

EP(エクストリームポイント)買い持ち期間は、その期間の最高値
売り持ち期間は、その期間の最安値
AF(アクセラレーションファクター)加速係数
[ 戻る ]

Copyrightc 2002 Dreamvisor.com All right reserved.
本文の著作権はドリームバイザー・ドット・コム(株)に帰属します。無断転載を禁ず。

Copyright(c)2000-2001 Dreamvisor.com All right Reserved.