テクニカル指標の活用と応用
[ 戻る ]
テクニカル指標の活用と応用
◎モメンタムとROC

◇モメンタム
 これは相場のエネルギーを見る指標として参考になるため、よく利用されているテクニカルですが、実際の売買において、この指標をもってタイミングをはかるシグナルとして利用しているという話は、それほど多くないと思います。よくテクニカル分析の教科書などの説明によれば、モメンタムがゼロから上に抜けたときが「買いシグナル」で、その逆が「売りシグナル」というのを目にしますが、要するに「当日の株価−N日前の株価」という単純な計算によって導かれる指標ですから、日数が短ければそれだけ"ダマシ"が出る確率も高まるわけで、実際の売買で利用するというよりも、上昇しているときの相場のエネルギーは維持されているのか、それとも弱くなってきたのかというのを感覚的につかむというのが正確なところと思われます。上昇のトレンドが維持されていれば一定のプラス圏を動き続けますし、上昇力が弱くなってトレンドが横ばいになってくれば、モメンタムの動きもゼロ近傍での動きになります。
 実数値の振れ幅が大きければ、モメンタムの動きも激しくなりますから、モメンタムそのものを加工しないで、売買のタイミングをはかる直接的な道具に利用するのは難しいわけです。



◇ROC(rate of change)
 指標の読み方は、ほとんどモメンタムと変わりません。つまり、それだけで売買のタイミングを決める直接的な道具にはならないと考えたほうがよいということです。
 計算方法はモメンタムが、「当日の株価÷N日前の株価」になっただけですが、人によってはこれを移動平均にしてダマシを排除するというような使い方をすることもあるようです。ただし、日数を何日にとるのかとか、個別銘柄によって値動きの性格が余りにばらついてしまうという問題があるため、移動平均化することが必ず有効に働くとは言いがたいのも事実です。
 何らかの工夫を凝らすことで、実際の売買で利用して高パフォーマンスを得ることも可能かもしれません。しかし、現実的な利用方法としては、相場のエネルギーを視覚的に捉えるという程度にしておいて、ほかのテクニカル指標などと併用させるのがよいのではないかと思われます。


[ 戻る ]

Copyrightc 2002 Dreamvisor.com All right reserved.
本文の著作権はドリームバイザー・ドット・コム(株)に帰属します。無断転載を禁ず。

Copyright(c)2000-2001 Dreamvisor.com All right Reserved.