株式用語辞典

株式用語辞典
[ あ行 ] [ か行 ] [ さ行 ] [ た行 ] [ な行 ] [ は行 ] [ ま行 ] [ や行 ] [ ら行 ] [ わ行 ]
漢字またはひらがなで検索できます・・・

[ な行 ]
内需関連株 (ないじゅかんれんかぶ) 【英】domestic demand related stock
主たる事業基盤が国内にあり、国内需要の拡大にウエイトをおく業種の株式。建設、不動産、最近では通信などもこれにあてはまる。
内部要因 (ないぶよういん) 
市場内部の要因。売買高や価格、信用残高などの取引によって生じる市場内部の要因。
内部留保 (ないぶりゅうほ) 【英】internal reserves / retained earnings
当期の税引利益から、税金、配当金、役員賞与など社外に払い出される分を差し引いた残りの部分。内部留保には、商法によって積み立てることが決められている「利益準備金」や、企業の判断によって積み立てられる「任意積立金」、「未処分の利益」がある。
投げ (なげ) 
相場が下落している時、保有している株の損失がさらに拡大するのを回避するために、損を承知で売却をすること。「投売り」とも言われる。値上がりすると思って買った株が思惑はずれで買い値を下回り、持ち続けていても値上がりが見込めない、あるいはまだ下落が続きさらに損失がふくらむという場合に起こる。
Nasdaq-100インデックス (なすだっくひゃくいんでっくす) 【英】Nasdaq-100 Index
アメリカのNasdaq株式市場において取引されている非金融業の代表的な100銘柄によるインデックス。
成行注文 (なりゆきちゅうもん) 【英】market order
株数の指定のみで、価格指定の無い注文方法。売買を確実に行いたい場合に用いるが、予想外に高い(低い)値段で約定してしまう場合がある。
【反対語】指値注文
軟調 (なんちょう) 【英】weak / downward
相場に買い気が乏しく、下降基調を続けていること。
【反対語】堅調
ナンピン (なんぴん) 【英】averaging
難平。購入(売却)単価を下げる(上げる)ために買い増し(売り乗せ)すること。例えば、はじめ500円で購入したものの株価が下落し400円になった場合に、400円で買い増しし、平均購入単価を450円とすること。
日銀短観 (にちぎんたんかん) 
日本銀行が四半期ごとに発表する主要(全国)企業短期経済観測調査のこと。
日経225連動型ファンド (にっけい255れんどうががたふぁんど) 
日経225平均に基準価額の値動きが連動するように設計、運用されるファンド
日経300(日経株価指数300) (にっけい300) 
日本経済新聞社が算出、公表している株価指数で、東証1部銘柄のなかから流動性、企業の業績などを基に選出された300銘柄の加重平均株価指数。1982年10月1日の時価総額を100として指数を算出。
日経平均株価 (にっけいへいきんかぶか) 
東京証券取引所第一部に上場する約1700銘柄の株式のうち225銘柄を対象として、日本経済新聞社がダウ平均株価の株価平均型方式を基にした計算方法で修正平均を算出する株価指数で、東証株価指数 (TOPIX) と並んで日本を代表する株価指数となっている。日経225(NIKKEI 225)とも呼ばれる。
日興債券パフォーマンス・インデックス (にっこうさいけんぱふぉーまんすいんでっくす) 
日興フィナンシャル・インテリジェンス株式会社が発表する債券指数。日本政府発行の国債、地方債、政府保証債、金融債、事業債、円建外債の公募利付債で構成されている。
日本証券業協会 (にほんしょうけんぎょうきょうかい) 
国内証券会社が加入する自主規制機関。有価証券の売買その他の取引を公正かつ円滑ならしめ、投資家を保護することとあわせて、証券業の健全な発展をはかることを目的としている。1973年に発足。
ニュートラル (にゅーとらる) 【英】neutral
強気でも弱気でもなく、買いでも売りでもない中立的な投資状態のこと。
ニューヨークダウ工業株30種平均 (にゅーよーくだうこうぎょうかぶ30しゅへいきん) 【英】Dow Jones 30-Stock Industrial Average
ダウ・ジョーンズ社が1896年に12種平均として作成、1928年10月1日からは30種平均として公表している指標。ニューヨーク証券取引所に上場された、各セクタ−の代表的な30の優良銘柄を対象として、連続性を持たせるためダウ式修正法を用いて株価の単純平均を算出したもの。
値がさ株 (ねがさかぶ) 【英】fancy stocks / high-priced stock
株価水準の高い株式のこと。その時々の相場全体の水準により、値段がいくら以上の株式が「値がさ株」にあたるか変わる。
【反対語】低位株
値付き率 (ねつきりつ) 
上場銘柄のうち立ち会い時間中に約定値段がついた銘柄の割合。売買成立銘柄/全上場銘柄*100(%)
値幅制限 (ねはばせいげん) 
価格の急激な変化は投資家に不測の損害を与える可能性があるため、1日に動く価格変動を前日の終値を基準に制限していること。STOP高、STOP安。
ノーロードファンド (のーろーどふぁんど) 【英】no-load fund
投資信託購入の際に手数料(販売手数料)がかからないファンドのこと。
NOMURA-AP200アジア・インベスタブル・インデックス (のむらえーぴーにひゃくあじあいんべすたぶるいんでっくす) 
野村證券株式会社金融研究所が公表する、「ノムラ・アジア・パシフィック・インデックス」のサブインデックスの1つで、為替をヘッジしない、円換算ベースの指数。
NOMURA-BPI(ボンド・パフォーマンス・インデックス) (のむらびーぴーあい) 
野村證券金融研究所が公表する、日本の代表的な債券の市場インデックス。日本の公募債券流通市場全体の動向を的確に表すために開発された。この指数は、国内外のパフォーマンス評価の基準に用いられ、公的機関の運用のベンチマークにも採用されている。一定の組み入れ基準に基づいて構成されたポートフォリオ(以下インデックス・ポートフォリオ)のパフォーマンスをもとに計算される。(野村證券のHPより)
NOMURA-BPI総合 (のむらびーぴーあいそうごう) 
日本国内債券市場で発行されている代表的な公社債の流通動向を的確に表す投資収益指数。
NOMURA 変動利付国債インデックス (のむらへんりつきこくさいいんでっくす) 【英】NOMURA CMT Index
野村證券株式会社が公表している変動利付日本国債インデックス。組み入れ対象銘柄は現在15年変動利付国債のみであるが、同様のスキームで発行される変動利付国債のうち、一定の条件を満たすものについては対象とする予定。

Copyright(c)2000-2001 Dreamvisor.com All right Reserved.